スポンサードリンク

屋号を決めよう

■屋号(商号)とは、会社でいう社名です。
個人事業主でも屋号を使うことができます。
銀行口座、名刺、看板、記載住所、領収書や契約書についても、 屋号で表記することができるのです。
「個人事業の開廃業等届出書」には屋号を記入する箇所がありますが、
税務署への提出時は空欄にしておき、後で自分で勝手に決めても構いません。
もちろん、途中で変えることもできます。
個人事業の屋号は、「○○会社」とか、「○○法人」という表現をしてはいけません。
一般的には「○○事務所」とか「○○オフィス」などが多いですね。
個人名で事業を行うのもよいですが、どんな事業を行っているのかイメージができ、
印象に残り覚えてもらいやすい屋号をつけることをオススメします。

■屋号を決める前に独自ドメインを取得しておきましょう
ネットビジネスでの事業を考えている方や、インターネットで販売促進・広告宣伝を行っていく方は、
屋号を決める前に、独自ドメインを取得しておきましょう。
取得した独自ドメインに合わせて屋号を決めたほうが、ブランドを統一することができ、
お客様にも覚えてもらいやすくなります。
また、取得したドメイン(example.jp)は、メールアドレスにも使用できるのです(×××@example.jp)。
名刺やホームページに記載するメールアドレスがフリーメール(Yahoo!メール・Gmail等)のアドレスだと、
真剣に事業を行っているのか疑問を抱かれてしまいます。
幸い、数年前と比べて、独自ドメインを取得するためにかかる費用やレンタルサーバー代は格段に安くなりました。
一方で、独自ドメインは世界に1つしかないので、メジャーな単語でドメインを取得するのは難しくなっています。
自分の気に入ったドメインを取得できるかどうかは簡単に検索することができますので、
屋号を決める前にしっかりと調べておきましょう。

価格が圧倒的に安いことや、サポートがしっかりしていて初心者にも使いやすいことから、
ムームードメイン ロリポップ! (レンタルサーバー)をセットで使うのがよいでしょう。
上場しており業界大手なので、会社が潰れる心配もないので私も利用しています。



個人事業.netトップへ戻る

個人事業主向け